【JavaScript超入門コース】02.JavaScriptとは?|JavaScriptの特徴やできることなどをわかりやすく解説【プログラミング初心者向け入門講座】

◆概要(引用)
この動画では、JavaScriptについて説明します。文字の書き起こし、ソースコードも完全無料です。サイトでの登録なども一切不要です。概要欄の下部にサイトURLあります。

▼目次
・JavaScriptとは
・JavaScriptは、クライアントサイドでもサーバサイドでも動く
・JavaScriptは、非同期処理が可能
・豊富なフレームワーク群

▼関連動画
【JavaScript超入門コース】01.コース紹介(https://youtu.be/_ExoqS3s17Y)
【JavaScript超入門コース】02.JavaScriptとは (https://youtu.be/ZJh1HkLiKfI)
【JavaScript超入門コース】03.環境構築(for Mac) (https://youtu.be/hjHjAFvDjU4)
【JavaScript超入門コース】03.環境構築(for Windows) (https://youtu.be/HoNzSoAGX1w)
【JavaScript超入門コース】04.プログラムの基本構造 (https://youtu.be/C7AdxmIe42M)
【JavaScript超入門コース】05.実行 (https://youtu.be/bWsp3mfkXL0)
【JavaScript超入門コース】06.変数 (https://youtu.be/j-6k5JptKP0)
【JavaScript超入門コース】07.データ型 (https://youtu.be/W26fVp7QPVs)
【JavaScript超入門コース】08.配列 (https://youtu.be/ra4Se192sp4)
【JavaScript超入門コース】09.演算子 (https://youtu.be/zrEYvn6aXi8)
【JavaScript超入門コース】10.条件分岐 (https://youtu.be/4eMQJuATAvM)
【JavaScript超入門コース】11.繰り返し (https://youtu.be/KEeufTLSMXA)
【JavaScript超入門コース】12.関数 (https://youtu.be/9MbzNo4aL9Q)
【JavaScript超入門コース】13.クラス (https://youtu.be/fYNKzHTUv-8)
【JavaScript超入門コース】14.実践 (https://youtu.be/VZcE7RFzbFQ)
【JavaScript超入門コース】15.総集編(https://youtu.be/gs0l4rsQCGM)

▼各超入門コース 合併版(約1時間)
【Python超入門コース】(https://youtu.be/HyU3XL2F9GE)
【JavaScript超入門コース】(https://youtu.be/gs0l4rsQCGM)
【Java超入門コース】(https://youtu.be/kjxetd5ylzI)
【PHP超入門コース】(https://youtu.be/bLxQYJV75h4)
【Go超入門コース】(https://youtu.be/kPXfMFJ0oIE)
【Ruby超入門コース】(https://youtu.be/0DO5bsQB5So)
【Kotlin超入門コース】(https://youtu.be/UswtcJlDZ3I)

▼自己紹介
現在:フリーランス(マーケティング関連の人工知能開発、データ分析や業務自動化など)
前職:リクルート

▼SNS
Twitter : https://twitter.com/kino_code/likes
Facebook : https://www.facebook.com/%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89-105693727500005/
Website : https://kino-code.com/

▼文字書き起こし
JavaScriptとは?
JavaScriptとは、1995年にブレンダン・アイクさんによって開発されたプログラミング言語です。
JavaScriptは、プログラミング言語で1番人気といっていい言語です。
JavaScriptを使えるようになると、ページを更新しなくても画像が切り替わったり、入力中に検索候補がでてきたりと、動きのあるWebページを作ることができます。
ちなみに、「JavaScript」は、「Java」と名前が似ていますが、別のプログラミング言語です。

クライアントサイドでもサーバサイドでも動かせる
JavaScriptはクライアントサイドでもサーバサイドでも動かすことができます。
クライアントサイドとは、パソコンやスマホ側のことで、サーバーサイドとはインターネットの接続先のサーバー側のことです。
JavaScriptは、クライアントサイドの言語として開発されました。
webサイトを作成する場合、クライアントサイドはJavaScriptで、サーバサイドはJavaやPHPを使うのが主流でした。
しかし、2010年代初頭からnode.jsと呼ばれるサーバサイドで動作するJavaScriptが登場し、どちらもJavaScriptで開発できるようになりました。

非同期処理が可能
JavaScriptは「非同期処理」ができるという特徴があります。
非同期処理とは、webサイトのページを更新しなくても処理できることをいいます。
地図アプリを例に説明します。
例えば、JavaやPHPなどのサーバサイド言語だけで地図アプリができている場合、地図をスクロールをするたびに、ページの読み込みをしなければなりません。
非同期処理ができるJavaScriptだと、ページの読み込みをすることなく地図をスクロールすることができるのです。

豊富で強力なフレームワーク群
JavaScriptには、強力なフレームワークがたくさんあります。
具体的には、JQueryやReactといったフレームワークです。
現在でもフレームワークの開発が進んでいて、これらを活用することで、開発効率を大幅に向上させることができます。

▼文字書き起こし&ソースコードは下記ブログ
https://kino-code.com/course-javascript02-what-javascript/

▼タグ
#JavaScript #初心者 #プログラミング入門

コメント

タイトルとURLをコピーしました